めざせカナダ移民!永住権取得へのプロセスをご紹介

移民の国カナダ。カナダでは毎年多くの国から移民を受け入れており、2019年は33万人、2020年には34万人をターゲットに受け入れを予定しています。

雄大な自然と豊富なエネルギー資源、安定した経済、高い教育水準、きちんと保障された医療保険や国際色豊かな文化など、さまざまな理由から移民を希望する方がいますが、

「カナダに移住?気になるけど、なにから始めたらいいかわからない」「配偶者がカナダ人じゃないと難しいんじゃないかな?」「私にも可能性はあるの・・・?」などと思っていませんか?

そんなあなたにカナダの国家資格を持つ日本人の移民コンサルタントが、カナダ永住権獲得へのプロセスをご紹介します!

目次
  1. 移民コンサルタント紹介
  2. そもそも移民とは・・・?
  3. カナダ永住権と市民権の違いは?
  4. 永住権を取得するには?
  5. カナダで働こう!
  6. カレッジに通わないで移民を目指すには?
  7. ストーリー

移民コンサルタント紹介

カナダ滞在暦15年以上。10年以上カナダの教育・留学業界で実績を積み、2014年にカナダ政府公認移民コンサルタントの国家資格を取得。好きな勉強はビジネスと心理学。得意とする留学分野は高校・大学の正規留学でとにかくキャリアや人生のコンサルティングをするのが喜びです!

これまでに300件以上の各種ビザ申請 (学生等含む)お手続きを行い、永住権獲得へ導いた人数は50名以上。ビザ申請や移民へのプロセスにありがちな落とし穴や間違いを熟知し確かな経験から皆様一人一人の永住権取得を的確にサポートします!

そもそも移民とは・・・?

カナダ移民とはカナダに永住できる権利を持つ人(Permanent Resident、通称PR)のこと

日本国籍を保持したままカナダに永久的に居住可能

5年毎の更新制で、内2年間はカナダに居住している必要がある

就労や就学、居住地に制限はない (州推薦移民を除く)

カナダ人と同様の社会保障を受けることができる

選挙権はなし

永住権を獲得すると名刺サイズのPRカードが発給され、カナダ出入国の際に提示する

カナダ永住権と市民権の違いは?

カナダ市民権=カナダ国籍を得ることで、永住権とは別ものです。1度取得すると更新の必要はなく、同時に選挙権を得ることになります。日本は二重国籍を認めていませんので、市民権を得るには日本国籍を放棄する必要があります。未成年の場合は22歳まで2つの国籍を保有することが認められています。

永住権を取得する方法は複数有り、それぞれ申請するカテゴリーごとに職歴や学歴、英語力などの条件を満たす必要があります。

カナダ経験移民(カナディアンエクスペリエンス:通称CEC)

・12ヶ月以上のカナダ国内就労経験
・指定された資格や技術が必要な職種、マネージメントレベルのみ
・IELTS 4.0-6.0程度(職種により異なる)

技能移民(Skilled worker class)

・12ヶ月以上のカナダ国内就労経験(マネージメントレベル、指定職種のみ)
・カナダ国内の雇用が決まっていると有利
・経験・学歴・英語力・年齢の複合ポイント制で67/100以上 ・IELTS 7-7.5程度

スタートアップビジネスクラス(Start Up Business Class)

・カナダ国内でビジネスをスタートする
・カナダ国内の雇用が決まっていると有利
・IELTS 5-6程度

州推薦移民(Provincial Nominee Program=PNP)

・各州ごとのプログラムで、その州に居住することが条
・申請条件は州によって異なるが、競争率の低い州は申請条件があまり厳しくないところも
・海外から申請可能 ・要件はプログラムごとに異なります

カナダで働こう!

カナダで永住権を獲得するには、資金と明確なプランを持ちカナダでビジネスを立ち上げる!という方以外は、カナダでどんな職種にどれくらいの期間就労しているかが重要なポイントとなります。逆算して考えると、まずはなんらかの”働けるビザ”を取得する必要がありますね!さっそく、どのような種類があるかみていきましょう!

ビザの種類
■ワーキングホリデー(Working Holiday Visa)

取得は1生に1回
日本国籍を持っていること

■オフキャンパスワークパーミット(Off campus work permit)

・学校外でアルバイトをするのに必要なビザ
・移民局指定の学校でフルタイムで半年以上通学すると申請できる
・キャンパス内での仕事はビザ不要
・セメスター期間中は20時間/週まで、夏休みなどブレイク中はフルタイムで就労可

■学位取得就労ビザ(Post Graduation Open Work)

・公立のカレッジまたは大学(ESLは含まず)を卒業後、90日以内に申請
・対象コースの履修期間と同じ期間で取得可能、ただし2年以上の就学で3年のビザを取得可
 例)8ヶ月のコースを卒業=8ヶ月のビザ
   2年就学=3年のビザ
・取得は1生に1回

■就労ビザ(Work Permit)

・スポンサーとなる雇用主がいること
・カナダ労働基準監督局(HRSDC)からの雇用承認レター
・その職種に必要な経験や学歴をもっていることが前提
・飲食業やサービス・ホスピタリティなどのLow Skillと弁護士や医師など資格を要したり企業のマネージメント職のHigh Skill

最も実現可能性の高い移民方法を教えて!

毎年多くの移民を受け入れているカナダですが、移民の条件は年々厳しくなっており、確実に永住権を獲得するにはプランを立て計画的に実践していくことが大切です。PR取得までのルートはさまざまありますが、そのなかでも1番有効なのがカナダのカレッジで2年就学→Post Graduation就労ビザ取得→就労経験を積む(マネージメントレベル)→CECまたは州推薦移民カテゴリで移民申請という流れです

カナダ経験移民
Canadian Experience Class = CEC
CEC職業例

営業・経理・販売などのマネージャークラス、医師、会計士、教師、弁護士、レストランマネージャー、料理長など(NOCレベル0/A/B)

技能移民(Skilled worker class)

-12ヶ月以上のカナダ国内就労経験(マネージメントレベル、指定職種のみ)
-カナダ国内の雇用が決まっていると有利
-経験・学歴・英語力・年齢の複合ポイント制で67/100以上
-IELTS 7-7.5程度

スタートアップビジネスクラス(Start Up Business Class)

-カナダ国内でビジネスをスタートする
-指定された投資会社3社のうち1つから$75,000~$200,000
-IELTS 5-6程度

州推薦移民(Provincial Nominee Program=PNP)

-各州ごとのプログラムで、その州に居住することが条件
-申請条件は州によって異なるが、競争率の低い州は申請条件があまり厳しくないところも
-海外から申請可能
-要件はプログラムごとに異なります

州推薦移民
Provincial Nominee Program=PNP
PNP職業例

営業・経理・販売などのマネージャークラス、レストランサーバー、ハウスキーパー、運転手、作業員、ショップ店員など (NOCレベルC/D申請可)

オフキャンパスワークパーミット(Off campus work permit)

-学校外でアルバイトをするのに必要なビザ
-移民局指定の学校でフルタイムで半年以上通学すると申請できる
-キャンパス内での仕事はビザ不要
-セメスター期間中は20時間/週まで、夏休みなどブレイク中はフルタイムで就労可

学位取得就労ビザ(Post Graduation Open Work)

-12ヶ月以上のカナダ国内就労経験(マネージメントレベル、指定職種のみ)
-公立のカレッジまたは大学(ESLは含まず)を卒業後、90日以内に申請
-例)8ヶ月のコースを卒業=8ヶ月のビザ
   2年就学=3年のビザ
-IELTS 7-7.5程度
-取得は1生に1回

就労ビザ(Work Permit)

-スポンサーとなる雇用主がいること
-カナダ労働基準監督局(HRSDC)からの雇用承認レター
-その職種に必要な経験や学歴をもっていることが前提
-飲食業やサービス・ホスピタリティなどのLow Skillと弁護士や医師など資格を要したり企業のマネージメント職のHigh Skill

カレッジに通わないで移民を目指すには?

実現可能性が一番高いのはカレッジ就学の後にワークビザを取得し就労経験を積むというルートですが、カレッジの授業料を工面するのは大変・・・という方には以下の方法もおすすめです。

1年ワーキングホリデーからの就労ビザ切り替え、その後CEC申請

ワーホリ期間中にワークビザをサポートしてくれる企業やレストラン、ホテルなどで働き、その後ワークビザに切り替えて経験を積みます。スポンサーとなる雇用主を探せるかどうかがポイントとなり、スポンサーをしてもらった際はその雇用主の元でのみ働くことができます。永住権を得た後の就業・就労・居住は自由です。

2年ナニー、その後移民申請

カナディアン家庭に住み込みで、保育や介護、またはハンディキャップをもつ家族のサポートをする方を対象とするビザです。日本で保育士・介護士・看護士としてフルタイムで2年以上の就労経験がある方、または6ヶ月以上カナダの学校で特定のコースを修了し、その後就労経験を積むことでビザ申請用件を満たすことができます。

■ナニービザ(Live-in Caregiver)

保育士・介護士・看護士としてフルタイムで1年以上の就労経験、または6ヶ月以上カナダの学校で特定のコースを修了
雇用主が外国人雇用書(LMIA)を取得
高等学校以上卒業
英語力:日常会話以上

■移民申請要件:

・有効なビザを持っていること
・ナニーとして計3,900時間以上就労
・過去4年の内22ヶ月以上カナダに滞在(2年以内に3,900時間の就業時間を満たすとき)
※移民申請後、審査には12~36ヶ月ほどかかりますが、審査結果を待つ間はオープンワークパーミットを取得することができ、居住先や就労先は自由となります。

移民Story!

どんなプロセスでみんな移民になったの?

実際にカナダに来た先輩移民の話を聞いて見よう!

マリコさん 女性・看護士さんの場合
ワーホリ⇒カレッジ⇒就労⇒移民 ~日本の経験って活かせるんだ…~!

ワーホリ カレッジ 国家試験 就職 祝!移民
1年 約1年      
日本で5年看護師をしていましたが、海外で暮らしてみたいな~と思いカナダワーホリへ。語学学校へ行ったり、アルバイトをしたりしました。もっとカナダにいたいなぁ。てカナダに留学するよ。 カナダで日本の看護師免許を書き換えできると知り、IELTSの基準をクリアしてカレッジへ!カナダで看護師として働くのに必要な知識やスキルを身につけます。 勉強は大変だったけど、カナダで看護士になりたい!という強い気持ちで頑張りました。合格通知が来たときは、頑張ってよかったな!と思いました。 いろんな病院にレジュメを送ったり、医療系のジョブフェアに積極的に参加して、ビザサポートをしてくれる 病院を見つけることが できました! 護師としてカナダで働き1年。永住権申請できる要件を満たしました!申請が受理されたときはすごく嬉しかったです!
ポイント 日本での看護師としての経験がある
看護師になれるレベルの英語力がある
このストーリーのプログラムはこちら

ワタルさん 男性・家族移民の場合
カレッジ⇒就労⇒移民 ~家族で夢だった海外移民、大成功!~

カレッジ ポストグラデュエートビザで就職 祝!移民
2年 3年  
妻と2歳の娘と一緒にカナダに来ました!
2年間カレッジに通っている間は配偶者がオープンワークパーミットを取得できるので、妻が家計を支えてくれていました。 妻に感謝!
娘は保育園に通っています。最近、僕より英語がうまくなってきたような・・・?
カレッジで学んだ事を活かした仕事に就くことができました!
経験を積んで頑張るぞ!
念願の家族全員での
移民達成です!!
カナダ渡航から移民へのプラン立てまで、
アヤさんには大変お世話になりました!
ポイント 奥さん、子供と一緒に移民
カレッジからのポスグラ就職
このストーリーのプログラムはこちら

メグミさん 女性・美容師さんの場合
ワーホリ⇒就労⇒移民 ~カナダでも好きな仕事を一生できる~

ワーホリ (美容師) 就業ビザで仕事継続 (美容師) 祝!移民
1年 2年  
日本で3年美容師をしていました。カナダで永住権をとって、ずっとカナダで暮らしたいな。
まずはワーホリ中に、ビザスポンサーになってくれるヘアサロンで働こう!
ワーホリで働いていたヘアサロンがスポンサーになってくれて、無事にワークビザをゲット!

休日はヨガに行ったり、カナディアンの友達と話題のレストランに行ったり、毎日充実しています!
やったー!
永住権獲得です!

これからもずっとカナダで美容師として働きたいな
ポイント 日本での美容師としての経験がある
ワーホリからのビザスポンサー探し
このストーリーのプログラムはこちら

ショウタさん 男性・営業職の場合
ワーホリ⇒就労⇒移民 ~まさか、カナダ移民できたのは自分でした~

ワーホリ (営業職) 就業ビザで仕事継続 (営業職) 祝!移民
1年 2年  
1ヶ月語学学校に通った後、 バンクーバーのIT企業で営業職として採用されました!
日本でも経験がある仕事だし、
自信はあります!
営業での働きぶりが評価されて、会社にビザサポートをしてもらえることに。ワーホリ後ももカナダで働けるぞ

日本とカナダでの営業の違いには未だに戸惑うこともありますが、今では営業チーム全体を率いるまでになりました
最初はワーホリ1年のつもりで来たけど、いつの間にかカナダが大好きになってしまいました。永住権をとることができて幸せです!
ポイント ワーホリからのビザスポンサー探し
このストーリーのプログラムはこちら

以上が日本人に人気のある一般的な移民へのプロセスです。
「私の職歴・学歴ではどのカテゴリーの申請を目指すのがベスト?」「カレッジに通うところからスタートしたい。どこに通ったらいいかな?」など、ご質問のある方はお気軽にお問い合わせくださいね。経歴や予算、カナダへ渡航するタイミングなど、皆様それぞれの事情に合わせて丁寧にカウンセリングいたします!

留学体験談

小さい頃からの夢だった海外生活/移民達成!

道のり: カナダ大学院留学→学士取得就労→永住権取得 私は小さいころから海外での生活に憧れていて、日本の高校を […]

続きはコチラ

トップへ戻る