コロナ乗り越えて英語力がUPしたSさん☆

2020年3月頭にバンクーバーに到着されその数週間後にコロナでロックダウン状態になってしまい語学学校もオンラインでの受講にシフトして、今思うと当初は体調も優れなく大変だったSさんですがそんな状況も乗り越え、なんとレベル2からスタートした語学学校も今では10-11のレベルまで上がりました!!

 

とてもハードなスケジュールの様ですが日々努力され、前向きに学習を継続され
見る見るうちに英語力も上達しとても順調なご様子でした^^

お元気そうなSさんと久々にお会いできて嬉しかったです!

引き続き目標に向かって取り組まれるSさんを心から応援しています!!

 

【カナダ高校留学】ホストファミリーとの交流

カナダに高校留学中のYさん。

夏休みは日本に一時帰国していましたが、有効な学生ビザを持っていたので

9月の新学期に向け無事にカナダへ再入国できました♬

昨年度から一緒に生活しているホストファミリーとはとても仲がいいようで

何といっても若いご夫婦!!

 

Yちゃんがいつも日本語を教えて、毎日日本語のプチ口頭テストをしているという

面白エピソードも^^

 

ホストファミリーは、私が初めての留学生で、いつも何がしたいのかたくさん聞いてくれます!
誕生日の時は私が日本食レストランに食べに行きたいと言ったら連れて行っていてくれました!
本当にこのホストファミリーで良かったなと思います!
というYちゃんからのメッセージももらいました♬
ホームステイの出会いはとても大切で留学生活の大きな要素にもなりますよね。
同じ学校に通う他国からの留学生とも仲良くなれたようで、卒業まで残り約数か月
引き続き楽しく過ごしてね!

バンフからバンクーバーに戻りました☆有給インターンシップ参加者より

皆さんこんにちは!

9月に入りまた天気が良くなってきたバンクーバーからお届けです♬

去年から有給インターンシップでバンフにあるホテルでお仕事をしていたNくんがお金が貯まったとの事でカレッジに行くためにバンクーバーに戻ってきました^^

有給インターンシップに参加して、性格が明るくなったとNくんが言っていましたが、他国性の同僚とたくさん話して大自然の中をハイキングしたり、パーティーしたりと本当に充実した時間だったようです。

3月のコロナ以降はお仕事ができなくなってしましたが、環境が気にいりバンクーバーでのカレッジが始まる2日前までバンフに滞在していたほどのようです☆

こんなにキレイな自然に囲まれた環境だと離れたくなくなりますよね・・!

有給インターンシップの派遣先も少しずつ募集を始めていますので、2020年3月18日以前に発行されているワーホリビザ許可証をお持ちの方、既にワーホリビザをお持ちの方で日本一時帰国された方で興味がある方はお気軽にご連絡くださいね!

お問い合わせ:info@nestcanada.com

Oさん親子と久々の対面♪

皆さんこんにちは!

去年からバンクーバーエリアに親子留学中のOさん親子がコロナの自粛期間を終え久々にお会いすることができました!

お嬢さんのMさんが現地の高校に通い、お母さんも一緒に滞在し親子水入らずのカナダ生活を送られていますが高校の授業もオンラインに切り替わり生活のスケジュールもこれまでと変わり大変なこともあったかと思いますがこうしてお元気なお2人に会えて本当に嬉しかったです^^

前は12月頃にお会いしたのでがその時よりもさらにおとなっぽくなったMちゃん☆

あっという間に2時間でした!

またお会い出来る日を楽しみにしています!

カナダへついに再渡航♬無事入国☆

皆さんこんにちは!

最近はカナダ渡航の条件が満たしている高校生やワーホリ、学生ビザの方々が到着し始めています♬

基本的には以下の条件が必要となります。
・2020年3月18日以前に発行されているビザ、ビザ発給書がある事
・オンラインではなく、対面での授業が必須となる証明がある事
・自己隔離先が手配できている事

などなど・・・

高校生は9月からの授業に向けて今週末の再渡航がピークです☆

そして今回は無事にワーホリ保持者でカナダ再入国をされたSさんです!

到着後にオリエンテーションをしました!

カナダ渡航後もしっかりと皆さんのサポートをして参ります!

タピオカミルクティー屋さんでお仕事ゲット★

皆さんこんにちは!

今回は昨年秋ごろからバンクーバーにワーホリ中のHさんの成功談のご紹介です♬

今日は3月下旬、コロナでとても大変な時にも関わらず見事大人気のバブルティー(タピオカミルクティー)屋さんでお仕事が決まりました!

面接は思っていた以上にスムーズに進みご自身でも驚きだったようですが日本では事務職をされていたHさんにちって初めての飲食、接客業はとても新鮮で楽しいようです。

特に一緒に働く仲間が優しく、英語環境という慣れない環境ではあるものの楽しくお仕事をされています♬

出来ればワーホ地ビザが切れるまでここで頑張りたい!と意気込んでおられるほど前向きにこのお仕事が決まったことに、環境に感謝されていました^^

そんなHさんが働く瞬間をパシャリ!

コロナの影響によりレジ前には透明のつい立てがされており、マスクも着用です!

家族の一員☆ホストファミリーとの楽しい時間♬

皆さんこんにちは!

BC州では6月から公立学校が9月の完全再開に向けて少しずつリオープンのプランが進んできています。

学年で通学できる時間数や日数が変りますが、週に1回のパ=トタイムで学校に戻りたい子供たちは戻り、残りの時間や日はこれまで通り自宅でオンライン授業となります☆

そんな中、ファミリーとの時間が増えて毎日楽しい!充実!と嬉しい声を聞かせてくれた高校生がファミリーとの写真を送ってくれました♬

すっかりファミリーの一員として過ごしているAちゃんですが周りのファミリーの友人にも”私たちの娘よ”と紹介してくれるようです^^

なんだか似ていますよね!

これからも楽しい時間を過ごしてほしてね!

カナダで医療事務インターンシップ!

皆さんこんにちは!

今回はコロナが始まる前に渡航され、医療系事務のインターンシップをバンクーバーでされていたNさんからの体験談をご紹介♬


インターンが始まって2ヶ月ようやく慣れてきたって感じです!

私の主な業務はクライアント・患者さんに機械を渡す準備や実際に渡すこと、貸出後の記録、電話対応ですが、今でも電話対応が一番大変です!

入ってすぐの時は、機械の貸し出しの際にお客さんの名前の聞き取りが難しい、スペルを聞いてメモして、客情報を探し出す。どっちがFirst Name? Last Name?両方言って来る人もいて名前に馴染がない分パッと判断できないので何度も聞いたりしていました。

活動開始から2日目・3日目で既にちょっと電話出てみて?って言われて最初は電話の内容が分かることもあれば分からないこともあって自分が伝えたいことも伝わらず聞き返されたり、(今も聞き取りづらい時があります!)、自分が理解できない時は他のスタッフに変わってもらったりしていました。

今は大分その回数が減って来て、あと(業務に慣れてきたこともあって)この質問にはこの答えだろうなという予測が出来るようになる、ちょっとずつマッチしてきている実感があって嬉しいです!


活動スタートしたときは既にコロナの対策が取られてたので、それ以前のことは分からないですが、聞く話ではコロナ前は対面で対応してたけど今はSocial Distanceを保つためにお客さんは外で待機(ドアは既にロック)、窓ガラス越しに対応、外で待ってる客同士も距離を取るようにサインを表示、機械返却の際はオフィスの外にReturn用の回収ボックスに入れてもらって回収したりと徹底されています。

日本での仕事にも今回のインターンシップの経験は活かしていきたいと思います!


この状況の中、本当に活動お疲れ様でした!
日本でもこの経験を活かして大活躍してほしいです!

Nさん、応援しています!!

リアルなホームステイ生活をたかる動画☆

皆さんこんにちは!

今回は新しい動画をアップしたのでお知らせです♬

ホームステイは新しい経験で楽しみと不安が入り混じった心境で初日を迎えると思いますが、滞在を通してファミリーと時間を過ごしていくうちに打ち解けてきます。

なのですがその中でもやっぱり気を遣ってしまったり、日本ではありえないものが夕飯になったり・・・など驚きと悩みの連続であることも事実だと思います!

今回は高校留学中のYumiさんにリアルホームステイについてのお話を聞きましたのでぜひぜひご覧ください♬

コロナの影響でどう変わった?バンフより

皆さんこんにちは!

今回は、有給インターンシップで大人気の派遣先、バンフでお仕事をされていたAさんから近況報告を頂きました!

コロナの影響がかなり大きく響いているようですが、その中で気づいたカナダ人の意識の高さには驚きのようです!

高校留学中の皆さんもそうですが、ワーホリ、学生ビザの皆さんもこの状況でカナダで頑張っている方がたくさんいます!

どうぞご覧くださいね♬

————————————————–

コロナの影響により仕事は先月で一時解雇になり、今は社会保険も申請して政府から手当てがなんと、$2000くらい出てます!

寮も1日$13だったのが、今は$3で住ませてもらってて、かなり感動してます!

一緒に働いていた同僚の友達の7〜8割はもうすでに国に帰ってしまい、かなり淋しいです。

外に出る時はバンクーバーも同じでしょうが、2メートル間隔をあけ、2人以上では歩かない。ってことをみんな大体守ってると思います。2人以上で歩いてたらすれ違う人に注意されてるのを見たこともあります。

日本ではなかなかこんなに意識を高く守って行動できないかもしれませんね。特に東京では・・・カナダの意識の高さに感動してます!


普段はジョギングや散歩したり映画みたり、料理したり、ヨガはじめてみたりして過ごしてます。笑バンフは嬉しいことに自然がたくさんあるので散歩にはあきないです!!近くの街では、トレイルや道路などもほとんど封鎖されていて、小さな散歩道までも封鎖はびっくりしました。幸いバンフは小さい町なので、散歩道は出入りできて、人の出入りも少ないので安心してます。


トップへ戻る