「日本から来た先生」の存在を残せました!

幼児ボランティアに参加されたマリナさんから体験談が届きました。

つらいこともあったようですが、とても充実したカナダ生活を送られたようです♪

私が3週間のデイケアでのボランティアに参加しました。

最初の2日間は何をすればいいかわからず、結構つらかったです(笑)そして3日目のデイケアから帰ってきたら熱を出してしまいました。そのときは正直日本に帰りたいという気持ちが出始めましたが、帰るにも帰れないので、「ボランティアにきた意味」を達成してからしっかり胸を張って日本に帰ろうと思いました。熱を出したとき、ホストファミリーはとても心配してくれたし、普段の生活も優しいし親切ですが適度な距離を保ってくれ、お料理もおいしく、とても満足でした。

ボランティアでは、積極的に話しかけ、先生と仲良くなろうと努力し、「日本から来た先生」の存在を残すために折り紙を子どもたちに教えました。英語もできない私なので、最初は子どもたちに嫌がられていたと思うのですが、だんだんと仲良くなり最後はとても慕ってくれるようになりました。

1日のボランティアのあとは疲れ果て、帰ってすぐに寝るという感じだったのですが、ボランティアの活動以外にも積極的に活動をしようと心がけました。

日本語学校の幼稚園に見学にいったり、日本人でカナダの保育士の免許をとろうと勉強をしている人の話を聞きに行ったり、保育士のワークショップにいったりしました。

もちろん観光もたくさんしましたし、ダンスレッスンにもいきました。日本ではロックダンスを趣味で習っているのですが、行った日はそれはなかったので、ヒップホップやわっくダンスというジャンルのダンスを習いました。ここでも日本人はいかにシャイであるか、そしてカナダにいる人たちがいかにパッションをもって、ダンスをしているかということを感じました。手足も長く、スタイルが日本人と全然違うので、それも要因しているのかもしれません(笑)

カナダに滞在したことで、日本って特殊な国であることを感じました。とても単一的だと思いました。この実感はカナダにこないと感じることができなかったことだと思います。本当にきてよかったです。ミートアップでも、みんな英語がペラペラな韓国人やフランス人と話したのですが、そこでも日本の特殊さを感じました。全然英語が話せない私でしたが、みんな私が単語を思い出すまで待ってくれたり、「こういうことを言いたいの?」と聞いてくれたり教えてくれたり、親切でした。

バスの中では、みんなとても自然に高齢者や子どもたちに席を譲っていて、そこでもカナダの親切な文化に感動しました。

エージェントの方には、バンクーバーに来てすぐの不安な時に相談に乗ってもらったり、熱がでたときやバスがストライキで動かないかもしれないというときにもLINEで相談に乗ってくださり、本当にありがたかったです。ありがとうございました。

冬のバンフからキレイな景色をお裾分け♬

皆さんこんにちは!

冬のシーズンに入り、雪山には雪が積もって来ているカナダです♬
今日はワーホリでバンフに行かれたCさんより素敵な写真とコメントが届きました~!

有給インターンシップでバンフに行かれ、現在はホテル + バーガーショップ + レストランと3つを掛持ちという何とも充実した毎日のようです!

———————————————
ご連絡大変遅くなりましたが、バンフで充実した生活を送ることができてます!仕事も慣れるまで大変でしたが、すごくやりがいを感じてます☆

現在は、ホテルで働いた後に日本食レストランのサーバー、McDonaldのキャッシャーをしています!バンフに来て本当に良かったです!!!
—————————————–

これからもっともっと寒くなるバンフですが風邪には気を付けて頑張ってくださいね!

ワーホリ留学の醍醐味を味わうことができました!

初めはシーズン中で忙しく、仕事も結構キツかったですが、最近シーズンオフになって本当に静かなジャスパーです!笑

そして寒いです!!!-14°Cの日もありました。

英語力はまだまだですが、一緒に数ヶ月間働いた職場の人たちとは信頼関係ができはじめ、バーやホームパーティーに誘ってくれるので仕事以外の時間も英語環境で過ごすことができています。

私の職場は、最近までアジア人が私1人という環境だったので、最初は本当に戸惑いましたが今は本当に来てよかったと思っています!

これぞ留学!という醍醐味を味わうことができました!笑

バンクーバーで大人気カフェでお仕事。最終的にはお店の顔に・・!

先日の日曜日を持って半年ほど務めた職場を退職いたしました!

面接の指導や相談にのってくださったお陰で今までの人生で密度の濃い半年間を過ごすことができました。

最初に今の職場を紹介していただいた時、現地デスクのみなさんは間違いなく私の英語力を買いかぶりすぎていると思い、尻込みんだことを覚えています(笑)

日本人のいない状況と、接客や商品1つ1つにこだわる職場だったので、簡単なことなのに英語がわからずミスを繰り返したり日本語でも難しいことに挑戦したり、とにかく大変で仕事の帰りのバスで涙を流すこともありました。
ですが、自分に足りないものだらけの職場だったからこそ、文字通り毎日、他の人の何十倍も成長することができました。
仕事の仲間やお客さんとの仲も深まり、日本に帰っても連絡を取り続けると思います。

最終的にはこのカフェの顔としてキャッシャーに堂々と立ち、メインストリートを歩けば、「レジの人だ!」と話しかけられるほどになりました。

誕生日、結婚、出産、ちょっとしたその日のご褒美、などケーキを買う人の動機は様々ですが、もともと日本でベルガールのバイトをしていて、人を笑顔にすることが大好きだった私にとって、ケーキで人を笑顔にするこの仕事はぴったりでした。私の英語でも、日本にいた時と同じように人々の喜びに貢献できたことは間違いなく自信になりました。

こんなに素晴らしい体験のきっかけをくれたNestカナダさんには感謝しかありません。改めて本当にありがとうございます!

日本では経験したことないことばかり!

4か月間ジャスパーにいました。日本人はほとんどおらず、バンクーバーなどの都市部では経験できないことが経験できるし、町全体が小さいので、町の人たちにすぐに顔を覚えてもらえました。

僕が行った時期は、繁忙期にかかっていたのでほとんど休みがなく、たくさん働きました。

寮でも日本人出ない人たちとのルームシェアだったので、いろんな意味で貴重な体験ができました(笑)

本当に、ここに来るまでは想像もしていなかったようなことをたくさん目の当たりにしました。

例えば田舎だからか、郵便局の人たちがバケーションの時期でもないのに、全然働かず、小さな荷物を発送するのに2~3日郵便局を行き来したこともあり、思わず笑ってしまいました(笑)

仕事や休日はバイキングをして町を回ったりして、自然を楽しみました。お金を使うこともほとんどないので、お金は確実に貯まります。

ある程度お金がたまったらほかのところへ移動をしてみるのもアリなのかなと思い、まだビザの期限があるうちにバンクーバーに戻ってきました。

バンクーバーではまた違う仕事をして、より濃いワーホリで最後締めくくりたいと思っています。

バンフが楽しくなってきました!

お久しぶりです!

なかなか連絡できなくてすみません💦

人数が少ないのもあって働き始めて4日目で独り立ちをし、その日は朝から寒気がひどく、熱を出しながら働いていたのですが次の日から2日間休みだったので休まないで頑張りました。

仕事が終わって体温計を買いに行ったら37.5度ありました。喉の痛みも今までで経験したことないくらいの痛さで痛みは1週間ほど続きましたが、日本から持ってきた薬とこっちで買ったのど飴と気合いで治しました(笑)

ルームメイトはおそらくカナディアンの2人なのですが、洗面所も台所もすぐ汚すので大変です笑

先週まで休み1日、6連勤とハードでしたが今週からまた2日間休みがあります。

仕事は慣れてはきたのですが、まだまだ一部屋に時間がかかってしまい、周りに手伝ってもらいながら何とかやってます。フィリピン人が多いのですが、みんな良い人でいつも助けられてます。

昨日今日休みで、バンクーバー時代のルームメイトの人がバンフに住んでいるのでトンネルマウンテンに行ってきました。今日の写真と前にホテルのメンテナンスのフィリピン人の人に連れてってもらった所の写真を送ります。

何か月か終わったらTESOLを受けようと思っています。正直バンフに来て楽しくなってきて、もう少しいたいなと思うときもあるのでもしかしたらまた考えが変わることもあるかもしれないです。また連絡させてもらいます(^^)

日本人ゼロ!アジア人ゼロ!期待以上!

日本人の少ない場所を希望して、6か月間ジャスパーというところで働いていました。

本当に日本人ゼロ!アジア人ゼロ!と期待以上の土地で働くことができたので本当によかったです。カナダ人だけでなく、チェコやドイツ、オーストラリアと世界中から人が集まっていました。

お客さんと話すよりも、同僚との日常会話をメインで英語以外は使わない毎日でした。

接客英語は、繁忙期から落ち着いてきたときにセカンドジョブ・サードジョブとしてサーバーとして働いたので、そのときに使いました。そのほかは友達とわいわいしながら英語を身につけられたと思います。

ハウスキーピングのお仕事から始めたのですが、行った時期が夏ということで、聞いていた通り本当に忙しかったです。週6日働くことも普通でした。

でも、職場の人たちやそれ以外の人たちとも関わる機会が本当に多くて、楽しかったです!

6か月間働き終わった今は、車を購入して女友達とロードトリップをしています。意外にも無料でシャワーが入れるところも多くて、毎日が楽しいです♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明日バンクーバーを離れて、また車でホワイトホースを目指します。

プログラムに参加して本当によかった、 と感じます!

ありがとうございました。

この留学で自分が変れたように思います。積極的になれました!

カナダ到着後はまず、長時間フライトだったにも関わらず一睡もできず私は時差ボケに悩まされました(笑)

空港には現地スタッフが空港に居てくれて安心でした。

私は人見知りな性格に加え、英語がほぼ喋れない状況からの留学で正直、最初はやっていけるか不安でした。

結果的にはレベルでいうとひとつしか上げることができませんでしたが、自分ではスピーキング力がかなり上達したと思います!
あと少し積極的になれたと思います(笑)

【語学学校】
もちろん全て英語の授業で、最初は苦戦するかな?と心配でしたが、先生もしっかり教えてくれるしわからない所があれば、ハッキリ「わからない!」と言うと、クラスメートもおしえてくれます!
そのため、私もきちんと理解できるまで質問出来るようになり、あとリスニング力がついた思います!

私の学校は放課後アクティビティが毎日あったので参加できたのはとても楽しかったです!

【ホームステイ】
私がお世話になったホームステイ先は、三世帯で家族がたくさんなお家でした!子供たちがいて「アテ〜」(フィリピンの言葉で目上の女性に対する呼び方)ってよく話しかけてくれたり同じくK-POPが好きで一緒にYouTubeを見たり子供達とのお喋りが英語の勉強にもなりました!

【感想】
3ヶ月という短い期間でしたが、素晴らしい経験ができました!

価値観の違いには驚くことも多々ありましたが、それも国・人それぞれなんだと実感しました。日本を出て、遠い国から日本の事を考えることも出来たいい機会にもなりました!
一番の思い出は、あるメキシカンの友達とよく日本の歴史について英語で会話した事です!私より日本の歴史に詳しい彼に、日本人としてどう説明すればいいのか、また、英語でしか会話ができないためとても苦労しました。

でも日本の歴史を考え、改めて知ることができたり、また彼の母国についてもたくさん知ることができ、とても面白かったです!
本当にいい経験になりました!

たくさんの友達に恵まれ、楽しい3ヶ月を過ごすことができました!この留学で出逢えた友達とこれから先もずっと連絡を取り合う仲でいたいです!そして帰国しても英語を使うようにして、今までの努力を水の泡にしないよう、これからの将来に繋げていきたいです!

この留学で自分が変われた気がしました!

【皆さんへのアドバイス】
どこの国を選んだとしても、どの学校選んだとしても、結局自分次第です!
自分次第で何もかも上達することが出来て、自分が過ごしやすい環境を作れると思います!
たとえ人見知りでも、会話が苦手な方でも英語が出来なくても、やっていけます!!

心配だらけなスタートからでも全然大丈夫です!
毎日を楽しく過ごしてほしいです!

でも例えば、一年留学しても目標のない勉強の仕方だと伸びるとは思いません!なにかひとつでもいいから、やりたいこと、好きなこと、将来の夢とか、なにか持ってると前を向いていけると思います!!

これから留学を考えてる方へ、ぜひ!機会があるうちに、留学できる環境であるうちに沢山いい経験をしてほしいです!

勇気を出してボランティアに参加して良かった

マオさんは、大学の長い夏休みをアルバイトだけで終わらせたくない!その気持ちでカナダ・バンクーバーの幼児ボランティアに参加されました。

可愛い子供たちとの時間、先生たちとの出会いはかけがえのない宝物になったようです。

以下に感想を頂いたのでご覧ください☺

離れるときにこんな気持ちになるとは・・

バンクーバーから派遣先へはバスで向かいましたが、都会の街並みから徐々に田舎になっていき着くころにはほぼ周りには雪山しかないというような感じでした。景色が変わるにつれて緊張とワクワクが大きくなっていたのを今でも思い出します。

周りの景色はというと、僕がついたころは雪、雪、雪って感じでした。特に1月はマイナス20の世界で今まで体験したことのない寒さでした。でも人間は慣れるものでたまに今日暑いなーっと思ったらマイナス8度とか・・・。家の中は超防寒がされているので特に寒さに困った記憶はありません!(面白いですよね)3月にに入ると急激にあったかくなっていき雪も溶けはじめまた違った大自然を見ることができます。

僕の働いた冬のシーズンは夏に比べると忙しくないため最初はゆっくりと先輩方に教えてもらいながら仕事に慣れていきました。
度量は個性豊かで日本に興味ある人もいたので、日本語で挨拶をしてくれたりお互いの母国語を教えあったりと、とても楽しく貴重な時間でした。 仕事のあと同僚と愚痴りながらビールを飲むってのは最高のストレス発散です。(笑)

今回初めて海外で働いてみて日本とあまり変わらないなと感じました。仕事に対して怠惰な人もいれば誰よりも一生懸命働く人もいる。頑張ってる人のことは、ちゃんと上司が見ていてくれます!そこで上司との信頼関係が生まれることでその後の仕事がすごくスムーズに嫌なく働くことができる。僕も英語が母国語じゃないのでその分、仕事で何とか貢献しようと頑張り、そのおかげで上司とも仲良くなったと思います。

でも本当は最初の2か月は早く違う場所に移動したいという気もちでした。だけど人間関係も含め徐々にその環境に慣れ親しんでいき、結局最後、いざ離れるとなったとき、とても寂しい気持ちでやっぱりまだ残りたいなーという気持ちにさえなっていた程です。最初来た時はこんな気持ちになることは想像もしてませんでしたが、やはり愛着は湧くものですね。

今回のインターンは五か月という中でいろんなことが体験できた貴重な時間だったと思います。精神的にまいることもありましたがその分楽しかった思い出もたくさんでき本当に貴重な、かけがえのない時間です!

トップへ戻る