コロナ禍での高校留学を乗り越えました!

私は2020年の冬から1年間バンクーバーの隣の市、リッチモンドで1年間現地の高校に通っていました。

留学をする前は全く英語が出来なくて、大丈夫なのか心配ではありましたが、もともと海外に興味が少しあるという事と

大学受験の為にという事もかねて、高校在学中に1年間カナダ留学を決めました!

 

滞在はもちろんホームステイです。

生まれて初めての経験で戸惑いも多かったですが、優しいファミリーに囲まれ週末にはドライブに

連れて行ってくれたり、たくさんの多国籍な料理を作ってくれとても充実していました。

ホームステイでは楽しい事だけでなく、大変なこともありました。

ここのファミリーには小さな子供もいたのですが、小さな子に慣れていなかった私にはその子との接し方が本当に苦労しました・・。

 

高校生活ではちょうどコロナ禍と重なった留学期間だったので、オンライン授業があったりと慣れない環境の中

日本とは違う授業形態に戸惑う事もたくさんありましたが、たくさんの国籍のお友達がいて日本では経験できない刺激をたくさん受けたと思います!

優しい授業もありましたが、ローカルの子達と一緒に受けた難易度が高い授業では勉強に追われて本当に大変な思いをしましたがとてもいい思い出です。

今回はカナダでの高校留学を乗り越えれて本当に良かったですし、一生忘れない経験と想い出ができました!

 

1年間の高校留学:カナディアンの友達もたくさんできました!

1年間という長い間、カナダでの沢山の体験や交流を期待して飛び立ったものの、カナダでの生活が慣れ始めた到着から2カ月後、コロナという渦で希望が消えたのを覚えています。1番辛かったのは、コロナの影響で1時帰国かカナダ滞在かを決断しなければばらなかったときでした。家族大半から反対を押し切って自分の意思を貫いたときは、相手を納得させる努力や時間が必要なことを学びました。

コロナで大概の外出や学校行事、サマースクールやキャンプ、習い事が続々とキャンセルされる中、私は心優しいホストファミリーに恵まれ、
コロナだからと言って暗くならず。、ずっと本当の娘や姉のように接してくれていました。遠出やキャンプなどのカナダらしいアクアティビティやはもちろん、旅行にも連れて行ってもらいました。

部屋にこもることは一切なく家族との時間を充実させたお陰で、英語力も心配ないほど自然に身につけられました。とてもビックリしましたが私にはこの形で自然と英語力が伸びたことがとても嬉しい事です!

家族の本当の一員として、夏のカナダの大自然に触れながら、ホストブラザーたちと駆け回ったりマザー、ファザーと話尽くした、濃い時間は一生忘れられない宝物です。

そして感謝してもしきれないほどの最高の家族でした。

学校が始まってからは、より多くの友達との交流、授業により集中して行いました。Leadershipのクラスに参加し、ハロウィンやクリスマスの予定行事の計画に励んだことは自分でも成長したように感じます。

特にその時期は英語力に自信があり、留学生のお友達だけでなく、カナダ人の友達と思い出を沢山作る事も出来ました。また、ダンスにいきがいを感じていたので、前回コロナで中止になったダンスのパフォーマンスを全力で行ったことも良い想い出です。

沢山のカナダで支えてもらった人達からの、温かいメッセージや言葉によって、悔いなく私の留学生活は無事に終了しました。

コロナで留学生にとっては過酷な状況下でしたが、私達にしか味わえない痛みがあったからこそどの留学生よりも強くなって帰国できたと思っています。どんな状況下においても暗くならず、どう楽しみどうそれを乗り越えられるかが重要です。

これから留学する皆さんには、最初から不安にならずどんなことにも立ちむかってほしいです!

皆さんらしく、過ごしやすいカナダで最高の留学生活を送ってくださいね!

 

 

コロナ禍の中、1年間の留学生活を通してたくさんの事を学びました!

ホストファミリーとの思い出は沢山ありますが、1番印象深い事は、夏休みのレ
ジャーです。パンデミックの影響で、普段とは違ったルールの中でしたが、ホストファミリーが色々なレジャーを計画してくれました。

1つ目は、See to Sky Gondola と言う、観光スポットに連れて行ってもらいました。ゴンドラを使って上の山まで上がり、ハイキン
グや美しいカナダの自然を楽しみました。他にも、Chilliwackの湖でボートに乗ったり、滝を見に行きました。夏休みはホストファミリーのおかげで、
カナダの大自然を多く感じることができました。

私は、現地の学校にも通っていました。スクールライフは日本と比べると異なる事ばかりでした。
例えば、先生の教室にクラスごとに生徒が移動してきたり、何かを調べるために、授業中のスマートホンの使用が可能だったり…。
私が特に日本の学校との違いを感じたことは、授業です。基本あまり教科書を使わず、プリントで授業を受けます。
なので、全生徒が3リングのバインダーを学校で使用しています。

荷物の量が全く違うので、そこに感動しました。
また、自分の意見を求められる機会もとても多いです。

最初の頃は、自分の意見を求められても上手く答えられませんでした。なので、先生や他の生徒さんとの意見交換がとても大変でした。
ですが、だんだん慣れていくうちに、自分の考えを話すことが出来るようになっていきました。周りの生徒の皆さんが私の意見をリスペクトしてくれた事も、私が伝えられるようになった大きな理由の一つだと思います。

授業にもよりますが、プレゼンテーションも日本と比べると多いと思います。
一番楽しかったプレゼンテーションは、一つの職業について調べて発表するというものです。私はInternational student advisorsについて発表しました。
クラスのみんなが興味をもって聞いてくれてとても嬉しかったです。

また、留学生にとって一番近い存在の職業の一つでもある職業なので、よく知ることが出来て良かったです。
1年間のカナダ留学を通し、今までは、人前で自分の意見を発言することを避けていましたが、積極的に発言することが出来るようになりました。
他人と違っても良いという考えを改めて気づかせてくれたのは、カナダの人々です。

とてもシンプルな事だと思われるのですが、自分の事を主張すること、相手をリスペクトすることが両方できるということはとても難しく、そして素晴らしい事だと思いました。
また、今年は、周りの人から多くのサポートをしていただきました。
それらがどれだけありがたい事かを改めて感じました。私の留学は沢山の方々に支えられて実行することができました。
本当に感謝しています。今年は多くの気づきや経験を与えていただきました。
今度は、私が誰かに与えられる人になりたいと思います。

ネストカナダの皆さん、1年間沢山のサポートありがとうごさいました。皆さんのお
かげで、私の留学生活は毎日充実していました!

高校留学1ヶ月経って聞き取りも慣れてきました!

皆さんこんにちは!

今日はバンクーバーから飛行機で約30分のところにある小さな田舎町に高校留学中のMちゃんから学校が始まって2ヶ月経った今の感想と写真が届きました!

~~~Mちゃんより~~~
私が留学している場所は海、山、湖というたくさんの自然に囲まれているとてもいい所です!
最初は不安だらけだった留学も、今ではとても充実してとても楽しい日々を送れています!!
学校から帰る時に見える夕焼けが私のお気に入りの場所も見つかりました!

こちらの写真は留学生の交流会の時に撮ってもらった写真になります^_^
留学では色んな国の人たちとも交流を深められるのでとてもいい経験になります

これからも頑張ろうと思います〜!!

自分の留学はネットでは探せないから面白い!

カナダ、バーナビー学区の高校で1年間留学をしていたNちゃんに帰国前にインタビューをしました!

Q: 留学開始時の英語力は?
A: 何を言われているか分からな時はそのままが聞き流していました

Q: 1年間留学して、どう変わりましたか?
A:友達に悩みを相談できるようになったり、単語が出てこない時は他の言葉で言い換えて説明できるようになりました!
Google翻訳みたいな感じじゃなく伝えれるようになりました。(笑)

Q: 学校生活で楽しかったことは?
A:授業もランチもクラブ活動の全部楽しかったです!カナダだけじゃなく、色々な国からのお友達が出来ました!
クラブ活動を通してウィスラーに行ったり、旅行できたのも楽しい思い出です。

Q: 日本の高校と違ったことは何ですか?
A:グレード(学年)毎に分かれているけど、同じ年齢でも違うグレードの授業を受けていたり、留学生用に英語クラスがあったり、希望のクラスなどを伝えてそれぞれに合わせたクラスを受講するところと、水着や体操服など決められたものが無いので自由に着れるところです。

<これから留学をするみんなへメッセージ>
自分の留学はネットには載っていないです!渡航前に色々調べて不安になることもあるかもしれませんが、本当に人それぞれなので思い切り楽しんで頑張ってください!

無事にカナダの高校を卒業したKちゃんのインタビュー!

Q: 留学開始時の英語力は?
A: 最初は全然わかりませんでした!

Q: 留学をしようと思ったきっかけは?
A: 留学はお母さん自身子どものときにしたかったことで、お母さんが叶えられなかったことを、娘の私に実現してほしいということでお母さんに勧められて留学を決めました。

Q: ホームステイで楽しかったことは?
A: ファミリーとたくさんお話したり、一緒に旅行にでかけたりしたことが楽しかったです。ご飯も美味しくて、留学してから一度10キロ体重が増えたこともありました!(笑)

Q: ホームステイで大変だったことは?
A: たくさんの友達とたくさんのことが経験できたことです!色々な国の人たちと友達になれることは日本では絶対にできないので、とても貴重だなと感じます。

Q: 留学生活の中で大変だったことは?
A: 今では言いたいことをズバズバ言えますが、最初は何を言われても愛想良く笑うことしかできなくて、それをブラジル人の子に「キミはなんでもYesしか言わないんだね。」と言われて悔しい!という気持ちがとても強くなったのを覚えています。それが自分の意見をはっきり言うようになったきっかけです。

Q: 将来の夢は?
A: 海外で通用するプロダンサーになることです。

< これから留学する人に一言 >
日本ではできない経験がたくさんできます!最初はしんどいこともあるけど、かけがえのない大切なものが手に入れられるので頑張ってください!

1年間の高校留学をカナダで体験したNちゃんへインタビュー☆

Q: 留学開始時の英語力は?
A: 何を言われているか分からな時はそのままが聞き流していました。 (笑)

Q: 1年間留学して、どう変わりましたか?
A: 友達に悩みを相談できるようになったり、単語が出てこない時は他の言葉で言い換えて説明できるようになりました!
あとは、Google翻訳みたいな感じじゃなく伝えれるようになりました。(笑)

Q: 学校生活で楽しかったこと は?
A: 授業もランチもクラブ活動の全部楽しかったです!カナダだけじゃなく、色々な国からのお友達が出来ました! クラブ活動を通してウィスラーに行ったり、旅行できたのも楽しい思い出です♪

Q: 日本の高校と違ったことは?
A: グレード(学年)毎に分かれているけど、同じ年齢でも違うグレードの授業を受けていたり、留学生用に英語クラスがあったり、希望のクラスなどを伝えてそれぞれに合わせたクラスを受講するところと、水着や体操服など決められたものが無いので自由に着れるところです。

< これから留学する人にメッセージ>
自分の留学はネットには載っていないです!渡航前に色々調べて不安になることもあるかもしれませんが、本当に人それぞれなので思い切り楽しんで頑張ってください!

1学期間のカナダ高校留学をしたRくんにインタビュー!

1学期間、カナダの高校で留学をしたR君にインタビュー♪

Q: 来た時の英語力は?
A: 英検準二級程度の英語力でしたが、実際に外国人と話す機会が少なく英会話は苦手でした。

Q: 留学をしようと思ったきっかけは?
A: 英語を流暢に話せるようになりたいと思ったことと、自分の目指す夢につながると思ったからです。

Q: カナダを選んだ理由は?
A: 安全で自分の故郷と環境が似ていて、移民も多いと聞き多文化で住みやすいと思ったからです!

Q: ホームステイで楽しかったことは?
A: ホームステイ先に着いてからすぐ家に置いてあるカラオケでホストと歌ったことです!(笑)

Q: ホームステイで大変だったことは?
A: 初めは英語がうまく伝わらずコミュニケーションもなかなかとれなかったことですね・・

Q: 学校生活で1番楽しかったことは?
A: ハロウィンです!生徒のほとんどがコスチュームをつけて登校し、お昼には仮装大会を行いました!

Q: 生活の中で1番大変だったことは?
A: 買い物時のお会計が大変でした。初めは何を言っているか分からずチップを多く払いすぎたこともありました。(苦笑)

Q: 将来の目標を教えてください!
A: 将来は英語を活用した仕事に就きたいです!今はハリウッドで活躍できる映画監督になりたいと考えています!

<これから留学する人へメッセージ>
留学は人生の”スパイス”です!どんな目的でも留学することは自分の将来にとってプラスになります!留学で人生を楽しもう!!


1年間の高校留学で楽しかった事

カナダに高校留学に来る時はギリギリ英検準2級を合格するくらいで英会話は全くできませんでしたが、家族で行った海外旅行で、ある人が私の拙い英語でも親身に 聞いてくれて気づいたら英語を話すことが楽しいと思ったので、留学をして英語力を上げようと思いました。

高校では留学生用に英語クラスもあり、今回は1年間の留学なので卒業単位など気にせず英語クラスと併せてフードなど比較的留学生でも受講しやすい他の教科も取っていました。

この英語クラスの授業で他の国の子達と授業を受けることや留学生のプログラムで スケートに行ったりバレエを観に行ったり、ホームステイではホストマザーが色んな場所に連れて行ってくれたことや、 放課後一緒にクッキーを作ったことがすごく楽しかったです!

将来は漠然とですがホテルで働らくか、英語が話せない人のサポートもしたいなと思っているので日本に帰国してもカナダ高校留学で身に付けた事は忘れず、もっと英語も勉強しようと思います!

<これから留学する人にメッセージ>

留学は私の想像以上に大変なことが多く、目的を失いかけていましたが 自分の行動しだいでどれだけ充実した生活が送れるかがかわります。

留学してから、なんとなく過ごすのではなく学校生活+αで自分のしたい ことをたくさんしてください!!そしたら少しずつ英語が話さるように なっています(^ ^)

英語は世界を繋ぐ言語だと思います!(バンクーバー近郊私立高校)

カナダの高校生活は本当に楽しい!

カナダは移民の国なので、色々ん国籍の人やバックグラウンドを持つ人たちと生活をして日本ではできない体験をたくさんできます!今まで知らなかった国について学んだり、食べたことない料理を食べたりして、世界が広がったと実感しています!

ただ、一人で高校留学するのは確かに簡単なことではありません。家族がいなくて、私は寮生活だったのですが自分の事は自分でする。私も、来た当初は勉強と家事を両立するのに慣れるまで時間がかかりました。

カナダに来て、初めて英語だけの環境で生活をしました。いろいろな国の人と喋って、英語の素晴らしさを実感しました。英語は世界を繋ぐ言語だと思います。そして、私は自分に英語を学ぶ機会を与えられたことに本当に感謝しています。

私は子供のころからずっと英語の勉強しているので、最初はそこまで苦労してなかったですが、勉強すればするほど自分のリミットを感じました。特にボキャブラリーが足りなくて、日常生活でたまに相手の言葉を聞き取れなかったこともありました。

色々あった1年間でしたが、このカナダでの高校留学の経験を活かして国際関係について学びたくて、カナダの大学入学を目指しています!

トップへ戻る